Corporate history

法人のあゆみ

法人のあゆみ Corporate history


法人のあゆみ

沿革

1967年  ・寺子屋を閉所
      ・個人立大乃伎幼児園開設
            ・牧野俊道初代園長に就任
        宗教法人福昌寺の境内・庫裏にて保育を始める
1968年    ・宗教法人大の木幼児園に変更
        プレハブ園舎増設
1971年  ・社会福祉法人大の木保育園に変更
        ・牧野俊道初代理事長に就任
        ・牧野守顕2代目園長に就任
        鉄骨平屋園舎増設
1975年  ・牧野守顕2代目理事長就任
      縦割り保育を始める
        発達カリキュラム編纂
      初代理事長牧野俊道永眠
1977年  RC3階建園舎新築
        0歳児保育を始める
        発達カリキュラム完成 現在の保育過程のベースとなる。
1985年  長時間保育を始める
        異年齢児保育を始める(3・4・5・6歳児)
1989年      延長保育を始める
1990年  産休保育を始める
1994年  入所予約事業を始める
2000年  ・まんぼう分園開設
        0・1・2歳児の駅前型分園として特例交付金により開設(定員29名)
        東海豪雨により被災
2003年  保育環境改善計画(第1次)
        室内環境改善、園庭整備、省エネ設備更新等
        ・田中康彦4代目理事長に就任
2005年  ・子育て支援センター「ふわふわ」開設
      成長ストーリー導入
2008年  保育環境改善計画(第2次)
2011年  ・木もれ陽分園開設(定員20名)
2012年  ・まんぼう保育園開設
        まんぼう分園を独立認可(3歳児の受け入れを始める)(定員35名)
        ・牧野まき子4代目大の木保育園園長に就任
        ・牧野彰賢初代まんぼう保育園園長・法人統括延長に就任
2013年  保育環境改善計画(第3次)
        ・牧野彰賢5代目理事長に就任
2015年  幼保連携型認定こども園大の木保育園名称変更
        ・幼保連携型認定こども園寺子屋大の木(定員105名)
        ・幼保連携型認定こども園寺子屋木もれ陽分園
        ・まんぼう保育園定員変更4・5歳児の受け入れ開始(定員59名)
2017年  まんぼう保育園を幼保連携型認定こども園に変更
      ・幼保連携型認定こども園寺子屋まんぼう(定員62名)

社会福祉法人 ほうりん福祉会 評議委員会構成メンバー

評議員  長谷川 孝範
     遠藤 一彦
     朝比奈 太郎
     日比 勇三

社会福祉法人 ほうりん福祉会 理事会構成メンバー

理事   渡辺 元雄
     鈴木 健司
常務理事 佐々木 恵
常務理事 平川 敏江
常務理事 牧野まき子
理事長  牧野 彰賢
監事   埜口 為範
     伊藤 茂哉